【速報】パワースーツライトアブズ再入荷!

【最速レビュー】SIXPAD Powersuit Lite Hip&Legを使って分かったメリット・デメリット

SIXPADパワースーツライトヒップ&レッグのレビュー

※【速報】Amazonに在庫入荷

2021年6月14日にSIXPADから新発売された「Powersuit Lite Abs(パワースーツライトアブズ)」「SIXPAD Powersuit Lite Hip&Leg(パワースーツライトヒップ&レッグ)」

あっという間に各ECサイトからは在庫切れとなり、今では入手困難。合うサイズが入荷していればラッキーという状況です。

今回はお尻と太ももに効くヒップ&レッグの使い方やメリット・デメリットについて最速でレビューをしたいと思います!

SIXPADパワースーツライト ヒップ&レッグとは?

お尻と太もも、さらにウエストに効果あり

SIXPADパワースーツライトヒップ&レッグは下半身に効く
画像:SIXPAD公式サイト

ヒップ&レッグがアプローチする筋肉は、大臀筋(おしり)、大腿四頭筋(太もも前)、ハムストリング(太もも後ろ)です。これによってヒップアップやそれによる脚長に見せる効果、太もも周りの引き締めに効果が期待できます。

また、公式サイトには記載されていませんが、おしりの大臀筋(だいでんきん)は骨盤にもつながっており、大臀筋を鍛えるとウエストの引き締め効果も期待できるようで、下半身のシェイプアップ目的に使えます。

ジェルシートが要らない

水で濡らして履くパワースーツライトヒップ&レッグ

今回発売されたパワースーツライトアブズとヒップ&レッグ共に、ジェルシート不要な製品となっています。

SIXPADのEMS機器(電気刺激でトレーニングをするもの)と言えば、専用ジェルシートが必要なイメージ。このジェルシートが以外とランニングコストがかかるのですが、今回は不要。

通電部分を水のスプレーで濡らして履くだけでEMSトレーニングができる、画期的アイテムです。

洗濯可能でお手入れもしやすい

画像:SIXPAD公式サイト

なんと洗濯機で洗うことができます。今回採用されている通電部分(布製電極)は耐久性があり、繰り返し洗濯が可能となっています。

運動しながらでも履くだけでも効果あり

今回のパワースーツライト2製品は、着用して何もしなくてもOK。でも着用したまま運動すると更に効果がある、という2種類の使い方ができる製品です。

時間がない人であれば、ただ身に着けてながら家事、ながらテレビでもいいですし、ついでにスクワットしようかな?と運動を加えてさらにトレーニング効果を高めるのも良し。コードレスで身軽なスーツタイプなので、動きに自由があり継続しやすいアイテムです。

パワースーツライト ヒップ&レッグの使い方は簡単!

事前に説明書が見れないので使い方に不安のある方もいるかもしれませんが、とっても簡単です。

  1. 事前にコントローラー(リモコン)を充電しておく
  2. 本体(スーツ)を裏返し、電極パッド1箇所につき7回水をスプレーする
  3. スーツを着用し、リモコンを取り付ける
  4. ON(▲)ボタンを長押し後、ランプが点いたらレベルを上げトレーニングを開始する(23分間)
  5. 終了後、リモコンを外す

トレーニング中は座ってじってしていてもいいですし、家事をしながらでもOK。運動をするとさらにトレーニング効果が期待できるそうです。

ヒップ&レッグを実際に使ってみた感想と魅力

とにかく動きやすい。動いても全く支障がない

着用感としても水着に似ています。密着したスパッツという感じで、歩きにくい・座りにくいということは感じません。

そして動くことでスーツがずれてEMSの電気刺激がなくなる・・・ということもありませんでした

ジェルシートでなくてもしっかり効果を感じる

購入前に少し心配だったのが、「ジェルシートじゃないと通電しにくい&効果が薄れるのでは?」ということでした。ジェルシート付きのFoot Fit Plus(フットフィットプラス)を経験していた為、布製電極部というものに疑問があったからです。

しかし、いざ使ってみると刺激はしっかりきました。むしろレベルの強くした翌日、しっかりと筋肉痛に似た疲労感がおしりにあったのです。

水スプレーはびしょびしょにはならない

通電する電極部1箇所につき7回スプレーするのですが、スプレーしたとたんにパッドが吸収するので床にしたたるほど濡れる、ということはありません。

しかし、両面にスプレーするので畳だと湿る(しめる)可能性があるので、タオルを敷いてスプレー作業をするといいかもしれません。

ヒップ&レッグの気になる点・デメリット

価格が高い?

やはり一番はこれです。同時に発売された「アブズ」が税込38,800円に対し、ヒップ&レッグは58,800円。お尻+太ももと2つの部位を鍛えられるとは言え、少し躊躇する価格です。

しかしジェルシート不要でランニングコストがかからないことを考えれば、決して高くはありません。

コントローラー(リモコン)にレベル表示がない

レベル調整をするリモコンにはON(▲)、OFF(▼)の2つのボタンと電源・充電状態を知らせるランプのみです。

液晶パネルはないので今レベル何なのか?数値がわかりません。自分で何回押したかを覚えておくしかないです。Footシリーズに慣れていた私としてはレベル表示がないことに戸惑いました。

ただ20段階調整で今のところ7~8程度なのでそこまで気にならなくなりました。

濡れているので履きにくい

スーツの電極部分に水のスプレーで濡らすため、濡れた水着を履くような履きずらさがあります。

履きづらい=密着した正しいサイズということなのでこれはこれで良いのでしょうが、慣れるまで少し手こずります。

コツとしては、いきなり足を入れるのではなく、長い靴下やタイツを履くときのように裾をしっかりとたぐりよせてから履きます。太ももの電極パッドが正しい位置に当たっていることを確認してからお尻まで履きます。最後もおしりを手で持ち上げて、高い位置にきている状態まで整えることがおすすめです。

購入前のサイズ選びに注意

各直販ECサイトで見かけた口コミがこの、「どのサイズを選んでいいのか分からない」というコメントでした。しかし、「サイズの選び方、採寸方法」という表がありますのでこちらで必ず確認してください。(たしかにこの表のリンクが小さいので見つけられない方もいたかもしれません)

私の場合は、記載された通り身長・ウエスト・ヒップ・大腿囲をメジャーで測ってからサイズを選びました。私の場合は身長151cm、ウエスト71cm、ヒップ90cm、大腿囲50cmでMを選び、ぴったりでした。

2サイズに該当する場合は以下に気を付けてください。

  • ヒップ、大腿囲を優先して選ぶ ←通電部がある部位のため
  • 小さい方のサイズを選ぶ ←密着した状態が望ましいため

お得に買う方法

新発売商品の為、値引きやセールは行われていません。しかし、各直販ECサイトのキャンペーンを利用することでお得に購入することができます。

※7/10追記:Amazonで1%(900円)引き実施中!

【Amazon】ペイデイ後払い

今一番お得なキャンペーンで、3,000円分のポイント還元が受けられます。
事前にエントリーの上、ペイデイ対象商品かつ初回利用者であれば20%ポイント還元で購入することができます。還元ポイントは最大3,000ptです。

パワースーツライトヒップ&レッグはペイデイ対象商品なので、事前にエントリーを行い、支払い方法にペイデイを選択すれば後日3,000円分のポイントバックとなります。ペイデイは翌月の1日に支払い請求がきて、コンビニ払い、口座振替、銀行振込から選べます。

既にペイデイを利用したことがある人でも、5%の還元、つまり2,940円分のポイントバックがあるので使わない手はないです。

【Amazon】チャージ払い

ペイデイキャンペーンが終了していた場合は約1,000円分のポイント還元となるこちらもおすすめ。
こちらは初めての利用者、および現金チャージの人が対象となります。

例えばパワースーツライトヒップ&レッグの58,800円の場合、事前にエントリーの上、現金で

  1. Amazonチャージページにて「チャージする」ボタンをクリック
  2. 金額の設定欄「その他」に58,800円分を入力し、「今すぐ購入」をクリック
  3. 「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択し、「続行」をクリック
  4. 確認画面で完了
  5. 後日約1,000円分のポイントが付与される

※クレジットカード払いは対象外です。
※プライム会員でないと付与率が下がるので事前にプライム会員に登録しておきましょう。
30日間無料のプライム会員に登録する

【楽天】各種キャンペーン&1,000円クーポン利用

また、

  • お買い物マラソン/スーパーセール/スーパーDEALなどのセール中
  • 5と0のつく日
  • 1,000円オフクーポン配布中

のタイミングを狙うと3,600円近くお得に購入できます。

残念ながら楽天直販サイトでは現在在庫切れが続いている為、購入したくてもできない状況です。入荷次第すぐに購入できるように「お気に入り登録」の上、入荷通知を受け取りましょうす。(※1~2ヶ月待ちの可能性は十分あります。Amazonでは一部の在庫が入荷しています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA